3階建てマンション塗り替えです。

経年劣化のため。浮き部分や錆汁などがかなり気になる状態であります。

打診検査を経て撤去、復旧仕上げとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆裂して浮いた部分の撤去とその後の過程

爆裂部分の補修過程の写真になります。左から順番に、サビ部分を錆び止め塗装。2枚目、モルタル補修。3枚目、モルタル重ね塗り後、もう1度モルタルを塗り重ねて4枚目が、パターン復旧。5枚目、塗装完了です。

浮いている部分と、爆裂撤去後の写真です。コンクリートの爆裂と言うのは、経年劣化により、ひび割れた部分から、雨水が侵入して、内部の鉄筋を発錆させて鉄筋が膨らむ事により、コンクリートが内部より破裂した状態を言います。

全体的にかなりの箇所ありました。

左から1枚目、爆裂部分の鉄筋に錆び止めを塗装した後に接着剤塗布中。2枚目、モルタルで補修。3枚目、柄合わせのパターンをつけていきます。4枚目、塗装すると、分からないくらい綺麗に仕上がりました。

塗装完了後