吹田市O様邸

施工前は壁の浮いた部分とシールのはがれた部分がたくさん見受けられました

施工完了。 浮は全てビス止めを施し、コーキングは打ち替え。基礎打ち放しは撥水材の

塗装を致しました。

コーキングの浮き部分は,ビス止め。コーキングは経年でパリパリになっていましたので

全て撤去,打替えをしています。このように隙間がたくさん空いていますと雨水が入り込み、雨漏りの原因となり柱の腐食にも繋がって行きます。